松ステ

どっぷりハマりました。

当日券に4、5回並んで3回もプレミアム席引き当ててしまったので、私は近い将来大きな災いに見舞われるのではないか、気づいたら臓器が2,3個消えてしまっているのではないか、とドキドキしてるんですが、今んところ元気なので松ステのことを思い出してはニヤニヤして過ごしてます。

「あんな輝く顔の無職童貞ニートがいてたまるか!!!!」って今でも冷静な私が真顔でつっこみ入れてるんですけど、松ステのATMと化した私は「推しいたもん!!!おそ松兄さん実在したもん!!!」って推し松ブレード振り回しながらわめいている脳内。カオスです。

20161020

おそ松兄さんのあの”うにゅん”てした口がめっちゃ好きなんですけど、高崎さん(おそ松役)の”うにゅん”口の再現度高すぎて私は……私は……。加えて顔を”くしゃっ”とさせる愛嬌のある笑顔とか、笑うときに大げさなぐらいに口を大きくあけて上半身がのけ反る感じとか、機嫌よさそうに軽やかに歩く姿とか、他の兄弟との絡み方とか、”おそ松兄さんのここが好き!”ポイントを見事に舞台上で演じられていて、もう……もう……。

アニメやドラマCDで散々「おそ松兄さん」を摂取してきたので、やっぱり櫻井さん以外のおそ松兄さんには違和感覚えちゃうんだろうなぁ~とか観劇前は思ってたんですが、声の張り方やトーンの上下、責められたときの「えぇ…?」という弱々しい声やすっとぼける時のうさんくさい声、その演技の中におそ松兄さんがいて、感動しました。CV櫻井さんじゃないのに、おそ松としてしか認識できない。おそ松兄さんやっぱり実在した……。

あと、他の兄弟が喋ってるときずっとニコニコしてるのすごい可愛くて……他にも「金ない~」と言いながらぽっけ裏返す動作とか愛おしすぎて……2.5次元沼の入り口はここなんだなって……。

というわけで魂がまだ六本木の劇場から帰ってきません。

あとF6、ほんと、あれはファンを愛で殺しにきてるというか、松ステのF6はガチでびっくりするほどルックスが良すぎて死ぬ。

観劇初回の時点ではF6は推しが決まってなくて選ぶとしたらカラ松かな~、肉様に「返事は”はい”だブス共!!!」と煽られ「はいっ!!!」って返事してた時最高にエクスタシーって感じだったのでやっぱり肉様推しかな~って思ってたんですが、2回目以降気づいたら中山さん演じるF6トド松のキューティーフェアリーっぷりに背後から殴られて見事沼に落ちてました。

微笑み方と動作がね、全て美しい。

”キューティーフェアリー”というだけあってアニメ「おそ松さん」に登場した際は女子より女子らしく、あざとく可愛くッ♡みたいなイメージだったんでそこまで刺さらなかったしなんならイラッとくるぐらいだったんですが、3次元のびっくりするほどルックスがいい人間があのあざと可愛い言動を見せると、こんなに美しいことになってしまうんだなって……芸術かよ……。「森羅万象を魅了することしか」のところの一連の演技は特に、美しすぎて拝みたくなるぐらいでした。

あと、「歌う推しの曲に合わせてライトを振る」という行為の快感をうたプリで覚えてしまった身だったのでライブパートは発狂するほど嬉しかったです。F6に……6つ子に……トト子ちゃんに……ライトを、振って……目の前で……踊っている姿を……見ていられる……ッ!

23日の千秋楽もライブビューイングで観劇予定なのですが、会場で観劇する快感を味わってしまったあとだともうスクリーンの向こうで見るだけじゃ満足できない体になってしまったというか……DVD予約したし何度も再生する予定ですけど……再演してくれると信じて、次もまたチケットを取れるように、いい子にして徳を積んでいきたいと思います。

松ステ本当にありがとう。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中