GW

またブログの存在を忘れていました。GWがほぼ終わってしまい震えています。

めちゃくちゃ事後報告ですが、5月5日のコミティア参加しておりました。
スペースへお越しくださった皆さまありがとうございました!
思いのほか既刊を手に取っていただけたりして嬉しかったです。
楽しんでいただけるといいなあ。

そういえば冬・春と続けてぺらっぺらの本しか出せてないので(冬は合同誌とかその他もろもろあったので許されたい……春はもう少し頑張りたかったなあ)、一回か二回イベントおやすみしてでも次こそはちゃんと読み応えのあるものを描けたらなあと思ったり……。
いやでもなあ~~サークル側としてコミティアに参加するのが楽しすぎて! 開場前の、徐々に周囲のサークルが設営を終えて、開場時間をそわそわと待っているあの空気が特に好きです。開場した瞬間「は~コミティア来てよかった~」ってアフターのこと考えだすぐらいにはあの開場前の空気が大好きです。楽しい。
次回参加などについてはもろもろ未定ですが、何か決まったら(次こそは事前に)ブログに書くぞ~……!

+++

ティアの次の日は刀ステ行ってきたんですが、「2.5次元舞台」というものが自分の想像をはるかに超えていて、今まで「舞台かぁ~あんま興味ないな~(笑)」とかナメくさったこと言ってて本当にすみませんでした。
役者、衣装、演出、音楽、脚本、その全てのクオリティが最高級のもので、言葉を失いました。開演前はただの萌え豚として推しキャラの出番楽しみデュフフみたいなことしか思ってなかったんですが、公演終了後は確実にメスの顔をしていたと思う。オタ女には刺激が強すぎる。
いやもう本当に、「実はあれ全部CGモデルだったんだよ」と言われても「そっか~!なるほどね~!どうりで現実離れした美しさだと思ったわ~!」と納得してしまいそうなぐらいにキャラクターがそのまま2次元から出てきた感じで……すごかった……。
私は1階席の10列目にいたんですが、声の振動、叫び声の熱量、敵を前にしたときの殺気、それらを全身で感じられて、加えてそれらを発しているのが美男だらけときたもので、情報量の多さに脳みそが追いつきませんでした。円盤が楽しみです……。

SAMURAIとかNINJAとかが昔から好きだったので、日本刀は当然のように好きで、なので今回の舞台の殺陣シーンはそれはもう燃え滾りました……しかも12人もいたのにそれぞれの戦闘スタイルに個性があり、その戦い方だけでもどういうキャラクターなのかが伝わってくるという素晴らしさ! すらりと長い太刀・打ち刀の大きなアクションはもちろん、脇差・短刀を用いた間合いを詰めたアクションもとてもかっこよかったです……。舞台のライトを浴びた刃の煌めきもすごくかっこよかった~!

あと、あの世界観における「歴史」と「物語」、「人」と「刀(もの)」の関係性がとても好きで、舞台の脚本でもそれがすごく上手く物語に編みこまれており、そこもすごく感動しました。
はぁ~~もう感想が書き切れないです……あの舞台を見られて本当に良かった。
舞台『刀剣乱舞』、本当に素敵な時間と感動をありがとうございました。

広告